iPhoneが壊れてしまったら修理か交換を

iPhone解説

スマートフォン

kosyou

スマートフォンは、AndroidとiPhoneの二種類に分けられる。
世界的に見ればAndroidの方が普及率は高いが、日本国内ではiPhoneの普及率が高い。
何故ならば、国内であればiPhoneの方が安いからである。
しかし、他の国ではiPhoneは高級なものであるため、Androidの方が普及している。
システム的にはAndroidもiPhoneも素人目に見れば大きな違いはないが、若干操作性等は変わってきている。

液晶

iPhoneは、液晶が剥き出しになっているため落としてしまった場合壊れてしまうということが多かった。
そのため、現在は強化ガラスを使っている。
衝撃に非常に強いものであるため、落としただけでは傷が付かないようになっている。
しかし、摩擦には若干弱い作りであるため、地面に擦れてしまうと若干傷が付いてしまう可能性がある。
現在使われている強化ガラスはゴリラガラスと呼ばれるもので、防弾ガラスのような強度を持ったものとなっている。
そのため、耐久性という面で見れば圧倒的に高い仕様になった。

ホームボタン

syuuri

iPhoneで1番使われるのは、ホームボタンと呼ばれるボタンである。
基本的にホームボタンと呼ばれるボタンしかボタンは付いていないため、起動するとき、タブを変える時はこのボタンを使うことになる。
そのため、最も壊れる可能性が高いのはこのホームボタンと呼ばれる部分である。
このボタンが壊れてしまうと、上手く使いこなすことが出来なくなってしまう。
そのため、壊れたらすぐに修理に出す必要がある。
基本的に、修理はアップルストアで行われるため、携帯を購入した携帯ショップでは修理してくれないこともある。

新着情報

2014/03/26
バックアップを更新しました
2014/03/26
寿命を更新しました
2014/08/15
iphoneのケースについてを更新しました
2014/08/15
iphoneのフィルムを更新しました